【遺伝子検査で分かるリスク許容度】

さて、今日は遺伝子検査で分かるリスク許容度についてです。

これは2つの塩基配列(DNA・遺伝子のタイプを配列したもの)を元に評価することができます。

 

その遺伝子配列ついては、以下の5タイプに分類されます。

特にこれらはお金の使い方などに傾向が顕著に現れます。

例えば、子どもが「何かを買ってほしい」と言ってきた際には、お金の教育を始めるチャンスでもあります。

 

1.リスクを最重要視するタイプ 16%

無駄遣いはほとんどせず、貯蓄するタイプです。

ただし、貯蓄にもメリット・デメリットがあります。

インフレやデフレなどの経済の仕組みを理解できると、より良いお金の使い方ができるでしょう。

 

2.リスクを重視するタイプ 21%

無駄遣いはあまりせず、貯蓄を重視するタイプです。

ただ、必要性を強く感じた場合には正しいお金の使い方をする傾向があります。

さまざまなお金の運用を学べば、とても現実的で手堅いお金の使い方ができるでしょう。

 

3.リスクをやや重視するタイプ 33%

貯蓄とお金の使い所のバランスが取れているタイプです。

ただし、正しい使い方を理解していないと散財するリスクもあります。

また、一人でお金を使える状況になった場合は少し注意が必要です。

 

4.リスクを恐れないタイプ 17%

ややお金を使いすぎる傾向にあります。

ただし、正しいお金の使い方ができれば、リターンとして返ってくるので、必要なお金の知識・リスクに対する教育が必要。

一人でお金を使える状況になった場合は注意が必要です。

 

5.リスクを全く恐れないタイプ 13%

ハイリスク・ハイリターンを求める傾向にあり、結果として散財となる傾向もあります。

お金の使い方に対するリスクをしっかりと教えることが大事でしょう。

そうすれば、お金の使い所を見極める力が育まれ、よりリターンを得やすい可能性があります。

 

これらの傾向は行動力にも当てはまりますので、

リスクを最重要視する子には「成功体験を積ませて自信をつけさせること」

リスクを全く恐れない子には「周囲に与える影響までを考えさせること」

これにより、より豊かな人生を遅れるかもしれません。

 

もし、子育てや遺伝子検査でご不明・お悩みがあればメッセージを頂ければ幸いです。


投稿順 新着順