【遺伝子検査で分かる子どもの能力】

遺伝子検査で子どもの能力ってたくさん分かることができる時代になってきました。

大きく分けると3つ。「学習能力」「運動能力」「感性・性格」。

 

学習能力では、文系脳か理系脳か。暗記しやすい記憶方法だったり。

 

運動能力では、短距離スポーツ型か長距離スポーツ型か。どんなトレーニングが能力を伸ばしやすいか。

 

感性・性格では、やる気の出し方や、落ち込みやすさ、リスクへの考え方など。

 

例えば、サッカーの世界的なメッシ選手は持続的な運動能力は遺伝的に低かったとされています。

そのため、現在でも1試合に走る距離は他の選手の約半分。

それでも、得意な瞬間的なエネルギー放出や洞察力を磨くことで、これから起こることを予測し勝負所を見定めて実績を残してきました。

 

日本でも野球の大谷翔平選手も幼い頃に遺伝子検査を受けていたとされています。

大谷選手は瞬間的に大きな筋力が発揮できるタイプで、自分自身の特徴を捉えた上で、マンダラーチャート(大きな目標達成のための、目標細分化ツール)を作成していました。

 

このように、自分の能力を最大限に引き伸ばすためにどう考え行動できるか?

それが、子どもの未来を左右します。

 

子どもの可能性を限定的に捉えるのではなく、どのように育ててあげれば良いか?

一つの指針になる遺伝子検査を使って、子育ての自信に変えてみては如何でしょうか?


投稿順 新着順