【遺伝子検査で分かる学習能力について】

遺伝子検査で分かる学習能力には主に、以下のものがあります。

 

・遺伝子BDNF

・遺伝子SNAP25

・遺伝子CHRM2

 

正直、「何のこっちゃ」と思ったと思います笑

今回からそれぞれ解説をしていきます。

 

遺伝子BDNFに関しては、「記憶力」のタイプについてです。

このタイプを以下のように分類しています。また、同じタイプに属する人が何%いるのかも気になりますよね。

いずれのパターンも共通しているのは、記憶するのに重要なのは、脳が「この情報は重要だ」と判断することです。

その「重要だ」という認識の仕方が遺伝子によって異なります。

 

1.意味記憶タイプ 35%

意味を理解し、体現することで記憶を定着させるタイプ。

仕事で言うとプログラマーや銀行員、薬業などに長けているタイプです。

 

2.宣言的記憶タイプ 49%

人に公言することで記憶を定着させるタイプ。

仕事で言うと、政治家・経営者などに向いています。

 

3.エピソード記憶タイプ 16%

エピソード・物語として記憶を定着させるタイプ。

仕事で言うと、歌手・小説家・学者などに向いているタイプです。

 

現在、さまざまな暗記術などがGoogle先生やYouTubeなどでも公開されています。

でも、その方法が実際にあなたやお子様に合っていないかもしれません。

その理由は、遺伝子的に、脳科学的にその人の個性とマッチしていない暗記術だからです。

 

遺伝子検査を行うことで、このような記憶に関しても最適な記憶方法が見つかるかもしれません。

▼子どもの才能がわかる?!遺伝子検査はこちら▼

 


投稿順 新着順