15.質問スキルPart3

【子どものやる気を引き出す質問力!】

 

コーチングの目的は、質問をして答えを引き出すことではなく、通話を通して子どもの自主性を引き出し行動につなげることです。

そのための手段として質問スキルを活用するのです。

 

質問スキルには、以下のようなやり方があります。

 

子どもが自分の抱えている問題の核について考えたり、それを解決するための具体的な行動が取れたりするようになるためには、質問の仕方に工夫が必要です・

「何を?」「いつまで?」「どんな形で?」「どの程度まで」と言ったことを焦点に絞りましょう。

 

ただし、言い方・受容の仕方には注意してください。ともすると、問い詰められている感じが出てしまうので。

あくまで、答えを全て受容してあげましょう。

 

特に子どもが「うまくいかなかったこと」に対するアプローチは重要です。

 

例えば、相手を主語にして「なぜ」「どうして」という言葉を使うのは危険です。

これは、「否定質問+過去質問」に該当し、「責められている」と感じさせ、相手を力付けず反発させます。

 

これに対し、「意見を聞かせて」というような相談口調にすると効果的です♪

「肯定質問+未来質問」に変えることで、相手の可能なことを肯定的に質問していくことで、やる気と次への行動を促す質問スキルができていくのです。

 

冒頭にも述べましたが、質問する目的は「通話を通して子どもの自主性を引き出し、行動につなげること」です。

 

なかなか、うまくいかないなどのお困りがあれば、コメント・DMなどを頂ければお返事させていただこうと思いますので、ドシドシお寄せください!

 

次回は、コーチングのプロセスについて解説していきます!

 

また、コーチングに活かすため、子どもの可能性を広げたいという場合は、自宅で簡単にできる遺伝子検査の導入もオススメです。

 

子どもの才能がわかる?!遺伝子検査はこちら

https://sodachi-school.com/collections/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E5%90%91%E3%81%91%E9%81%A9%E6%80%A7%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88-%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

 


投稿順 新着順