17.コーチングのプロセス

【コーチングにより目標達成!そのプロセスとは?】

 

今回はコーチングの基本プロセスについてです。

 

事前準備:「環境を整える」

→子どもの話をしっかり聴き、信頼関係を築き、子どもの望むテーマのコーチングをする

 

ステップ1:「目標・目的を明確にする」

→子どもが達成したい目標・目的を具体化する。

「どうなりたい?」「どうすれば目標に辿り着けるかな?」

 

ステップ2:「現状を把握する」

→目標に対して、どのような状況下を明確にする。現在地と目的地を確認し、その道のりをイメージさせます。

「今はどんな状態だと思う?」

 

ステップ3:「ギャップを埋める行動を考える」

→目標と現状を確認すると、必ずそこにはギャップがあります。そのギャップを埋めるための必要な行動を探る質問をします。

「どうすればできそう?」

 

ステップ4:「具体的な行動計画を立てる」

→ギャップを解消し、目標へ向けて進むためにどう行動するのかを時間の区切りを設定してプランを立てる。その際に、大人が正しいプランを作るのではなく。あくまでも子どもの中のアイデアを引き出すように努めます。

「何からやる?」「いつやる?」

 

ステップ5:「行動した結果の振り返り」

行動計画を実行した結果、うまくいかないこともあります。うまくいかない場合は、ステップ2〜4を繰り返し、サポートする。

「やってみてどうだった?」「次はどうしよっか?」

 

これらのステップのうち、ステップ1〜3は時を前後しながら根気強く行う必要があります。

 

こららのステップを用いて、「子どもの内側にある想いを整理、自ら実行につなげる」ことに重きを置きましょう!

 

次回以降は、各ステップについて詳細に解説していきたいと思います。


投稿順 新着順