適正検査・遺伝子検査とは?

遺伝子検査で多様な可能性を

遺伝子検査は、他人に左右される評価となり得ません。親の人生や他人の目に影響されがちな価値観を一度「個」に引き戻し被験者に次の行動(観察眼)の変化を与えるのが本質的な効能だと考えています。

また、ライフシフトが激しくなることが予想される次の時代では、人は複数の夢を抱き、同時多発的に具現化していくスタイルへと移行すると言われています。

遺伝子はあなたの可能性を一つに絞るのではなく、狭まったその視野を広げ、あなたに絡みつく劣等感を開放するために存在しています。

 

遺伝子検査による子どもの可用性

近年、スポーツ業界を中心に幼少期から遺伝子検査を活発に行うご家庭やプロスポーツチームが増えています。

遺伝子検査を行うことで、お子様にどのような傾向があるのか?どのようなスポーツが向いているのか?発達しやすい筋肉の部位など詳細に把握し、適切なスポーツ指導を可能にしているのです。

それにより、幼少期からスポーツのエリート教育を行う現場も年々増加しています。

しかし、一方で遺伝子検査には子供の成長に関する可能性を妨げる場合もあります。それは著しく遺伝子検査の内容を過信しすぎ、子どもの意思を無視した指導・教育が行われることもあるためです。

いくら特定の分野に成長する可能性があったとしても、大人の価値観の押し付け、その分野に本人が興味すらない場合、いくらその分野を伸ばそうとしても意味がありません。

そのようなことにならないよう、こちらで販売しているDNA FACTOR社の遺伝子検査キットはドクターのオリジナル鑑定書を同封しています。

お子様の健やかな成長と親御様の育児への自信、教育方針の一助となるはずです。